FC2ブログ


スポンサーリンク

2/22BO(+2.5万円)

当手法のFXオリジナルレポートを差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

アイネットFX


ブログで公開している桃太郎のスイング手法になります。

エントリーと決済の指値は限定にUPしている通りです。



桃太郎のアルティメットFX手法を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

DMM FX


FXで何を試しても勝てなかった人に一番お勧めしたい手法です。
桃太郎のアルティメットFX手法は、投資知識がなくても安定運用できる投資方法になります。

結論から言うと、FXの最終形態です。私の投資ライフの中で、これ以上安全且つシンプル且つ鉄板手法は見たことがありません。

この手法の最大のメリットは、ほぼリスクゼロの安全性がありながら、投資経験やスキルを必要としないことです。一度FX会社に口座を開設して、仕掛けを設定するだけで誰もが同じ投資結果を出すことができます。

特に投資初心者や未経験者、時間のない方にお勧めの投資方法になります。期間限定タイアップになりますので、興味のある方は早めに取り寄せて下さい。

何をやってもFXで勝てなかった人に最後に見てほしい! アルティメットFX手法です!



桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

マネースクウェア・ジャパン

⇒『桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法』プレゼント対象の口座開設ページはコチラ


激動の時代でも勝てる→安全第一で最強の勝ち方とは・・・

桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法は、2013年からの激動の時代に役立つ最適な投資手法になります。

2013年からの激動の時代は、いつ何が起きても不思議ではありません。

近隣諸国との緊張感が高まることもありますし、尖閣諸島の国有化に反対して、中国共産党が指導して暴動を起こさせたように、習近平体制になってからも同じようなことが今後いつ起きても不思議ではありません。

為替レートはテクニカル要因だけで動くのではなく、政治的リスク・カントリーリスクによっても大きく動きます。日米関係が揺らいでいる現在、ロシア・北朝鮮・韓国・中国からの外圧に対して日本は益々厳しい状況に追い込まれています。

このような激動の時代には、無理に攻めに行く投資ではなく、まずは自分の資産を確実に守りながら安全第一の投資をして、一気にお金を増やすことよりも、着実にお金を増やしていく投資方法が求められます。


【桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法は以下の方に最適です】。
・会社員をしながら副業に時間をとられずに資産を増やして、今の生活を少しでも楽にしたい方。
・諸事情により外で働くことが難しく、在宅でお金を稼ぎたい方。
・あまり難しい知識を必要とせずに、精神的な負担を減らした投資方法でお金を稼ぎたい方。
・政治的リスクやカントリーリスクに左右されずに資産を増やしたい方。
・複利運用で夢の1億円を稼ぎたい方。


最強トラリピ手法は正にこれからの激動の時代に役立つ最適な投資手法になりますが、期間限定タイアップになりますので、上記の項目に当て嵌っている方は早めに取り寄せて下さい。



【2/22(金)のバイナリーオプションの取引結果】
取引回数1回(1勝0敗)+25,000円になりました。
1戦目23時20分、円安予想にしてポンド円が当たりました。

*うまく円安の流れに乗ることができました。

BOではドル円とクロス円が同じ方向に動きそうな時にエントリーしています。取引する時に使用しているツールは、ロンナル・フォレックスに口座開設すると、Win Invest Japan社の「バイナリーゾーンシグナル」配信サービスを無料で受けられますので、無料で使える「バイナリーゾーンシグナル」を活用しています。「バイナリーゾーンシグナル」で現在のレートが買いゾーンにあるのか?売りゾーンにあるのかを判断します。ドル円とユーロ円とポンド円のシグナルが買いゾーンで揃った時には、GMOクリック証券の外為オプションのエントリー時間に合わせて円安チケットを購入します。このツールを使うと、現在は買いトレンドなのか、売りトレンドなのかが一目でわかり、機械が自動的に買いサインや売りサインを見つけてくれるので、チャートを見て裁量で判断するよりも確実性があり、サインの見落としがありません。バイナリーオプションではドル円とクロス円が同じ方向に動きそうな時にエントリーすると勝ちやすくなるので、同じサインが出るのを待つだけでも勝率がUPします。
ゾーンシグナル


ロンナル・フォレックスの詳細はコチラ
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ロンナル・フォレックス


BOは勝つ時には本当にあっさり勝てますが、負ける時には続けて負けますので、取引回数にも注意が必要です。シンプルにこの2点だけを意識して取引していますが、月単位では勝てています。BOはストレスがかからない分だけ、「勝った時にはもう少しやりたい。負けた時には取り返したい。」この気持ちになったところで辞めるのがベストです。この辺りは感情で取引するのでなく、機械的に取引するように心掛けています。博打で負ける人と反対の考え方をすることも常に意識しています。

またなるべく他のことをやりながら取引するようにしています。というのも、集中していると頭が固まってしまい、私には合いません。大抵ネットサーフィンや他の作業をしています。受付開始2分前から準備をして、マイルールになっていればエントリーし、なっていなければエントリーしません。エントリー後も他の作業をしています。BOはFXと違ってリスクが限られているので全く心配せずに他のことができます。実は○○しながらの取引もマイルールに入れています。相場は今日明日で終わるものではないので、長く続けるためには感情で取引をしてはダメです。賛否両論あると思いますが、私は取引前と取引中はできるだけ集中せずに、いい加減にすることに決めています。

GMOクリック証券での取引は勝ち額も負け額も同額です。毎日BO取引を行なっていると、勝ち額と負け額が同額であることに助けられていると思うことが多々あります。これはBO取引の経験者であれば誰もが感じることではないでしょうか。(もし他社でも短期ハイロー型で同額取引があればそちらも利用します)

この取引方法はある意味丁半博打のようですが、一応自分なりには明確なルール(通貨・時間帯・値動きのクセ)を作り、理論を立てて、その上で勝てると思った方向にエントリーしていますが、それでも結果は毎回ギリギリの感じです。やはり未来のことを予想するのにぶっちぎりで勝てることはなく、これが自分の勝ちスタイルなのかもしれません。丁半博打は止め時も非常に大切です。マイルールでは10回以内に収まるようにしています。5~10分先のレートが上がっているか、下がっているかを単純に予想するだけですから、よほどトレンドに逆らったエントリーをしない限りは一方的に負け続けることはないと思います。そういう意味ではFXよりも心理的負担が少ないので私には合っている投資です。

私のFX手法はブログで公開している通り、スイング手法なので相場状況によってはなかなかエントリーチャンスがありません。スイング手法を選んだ理由は、元々ファンダメンタルズから大きな流れを読んで取引するのが得意なのと短期取引では様々な要因からストレスを抱えてしまうので、ストレスのかかる取引は私には合いませんでした。通常、ファンド勢はスキャルピングをしませんし、スキャルピングで手短に利益を抜こうとするのは個人投資家がほとんどです。しかし実際にスキャルピングはかなりの能力と運を必要としますので、手短に利益を出せるほど甘い世界ではありません。

しかしバイナリーオプションは同じ短期取引でも100%リスクを想定できますので、FXのスキャルやデイトレよりもメンタルの負荷が少なく、更にスイングと違って、毎日取引できる点が魅力的です。後はそれを生かすための武器をどのようにして集めて、利用していくかの問題になります。ここがクリアできるとBOでは勝ちやすくなりますので、私は勝率50%以上あればトータルで勝てるGMOクリック証券を使っています。(ちなみにBOは100円から取引ができます)

FXで勝てない方は一度BOも試してみてはいかがでしょう。FXのスキャルからBOに移行すると、本当にトレード感覚がガラっと変わると思います。目的は相場で勝つことですからFXやBOにこだわることなく、自分に合った取引を柔軟に選択していくことが資産を増やすためには必要です。BOについて質問のある方はお気軽にご連絡下さい。simple_is_best777&yahoo.co.jp (&は@に変えて下さい)


【バイナリーオプションのメリット】
前述の通り、勝ち負けの決着が早く、負ける額が投資する前からわかっているので、エントリー後に逆指値などの損切り設定をする必要もありません。またポジションを保有中に突発的な要因で相場が急騰したり、急落したりしても、含み損を抱えるような心配もなく、毎回気持ちを切り替えて取引がしやすい点が優れています。


【バイナリーオプションのデメリット】
バイナリーオプションはリスク管理をしやすいのですが、勝っても払い戻しが少ないデメリットもあります。負ければ0円になりますが、勝っても購入金額の85%~90%前後の払い戻しが一般的です。(短期ハイロー型)つまり勝率50%ではトータルで勝てません。中には払い戻しが100%以上の取引もありますが、1週間後のレートを予想するものであったり、届きそうもないレートを予想するものであったりなど、厳しい条件下での取引になります。

~そこでデメリットを改善するには2つの方法が考えられます~

【デメリットを改善する方法①】
一つ目は勝ち額と負け額が同額の会社で取引することです。例えば、GMOクリック証券の外為OPは短期ハイロー型で勝ち額と負け額が同額なので、それほど勝率を気にせずに余裕を持ってトレードすることができます。(現在のところ、短期ハイロー型の同額取引は国内唯一です)またGMOクリック証券の外為OPは5分ごとに取引できますので、毎回勝負の決着が早く、FXで短めのトレード間隔に慣れているスキャルやデイトレをしていたトレーダーにとっても非常に入りやすいと思います。

GMOクリック証券


【デメリットを改善する方法②】
二つ目は予め払い戻し額が決められているBO会社でなく、リアルタイムで倍率が変わる会社で取引することです。
例えば、トレイダーズ証券のみんなのバイナリーはリアルタイムで倍率が変わり、それぞれ倍率の異なる6つのチケットの中から(円高3つと円安3つ)自分の判断で好きなチケットを購入できる独自システムを採用しています。現在のところ、6つのチケットから購入できる取引は国内唯一ですので、このチケット制を利用して倍率の高いチケットを購入すれば払い戻し率はUPします。
Baidu IME_2012-2-16_11-35-53


更に具体的に言うと、トレイダーズ証券のみんなのバイナリーは通常のBO取引よりも、大きく動きやすい指標スキャルの時が狙い目です。

指標スキャルとは、レートが動きやすい経済指標発表時にあえて狙い撃ちをしてエントリーする方法です。一時期、FXでも指標スキャルが流行りましたが、現在のFXの指標スキャルは約定しにくかったり、スベったり、スプレッドが開いたりして、稼ぐのが難しくなりました。

しかしバイナリーオプションは約定拒否やスベリやスプレッドの開きなどはありませんし、エントリー後に逆行して含み損を抱えることもありませんので、実は経済指標発表時のトレードは狙い目なのです。限られた指標でしかトレードしないので1ヵ月のエントリー回数は少ないですが、(10回前後)それでも高勝率を叩き出すことができています。

BOの指標スキャルに興味のある方は・・・
桃太郎のバイナリーオプションの指標スキャル教材を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

トレイダーズ証券

興味のある方は対策をされる前に早めにお申し込み下さい。
何事もそうですが、初期段階が一番稼ぎやすくなります。


トレードのお役に立ちましたら、応援クリックを宜しくお願いします。



にほんブログ村 為替ブログへ

2013/02/24(日) | BOトレード記録 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://threeofhearts.blog129.fc2.com/tb.php/804-5ab0d98d
 |  HOME  |