FC2ブログ


スポンサーリンク

月足から見たリーマンショック後の流れ

当手法のFXオリジナルレポートを差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

アイネットFX


ブログで公開している桃太郎のスイング手法になります。

エントリーと決済の指値は限定にUPしている通りです。



桃太郎のアルティメットFX手法を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

DMM FX


FXで何を試しても勝てなかった人に一番お勧めしたい手法です。
桃太郎のアルティメットFX手法は、投資知識がなくても安定運用できる投資方法になります。

結論から言うと、FXの最終形態です。私の投資ライフの中で、これ以上安全且つシンプル且つ鉄板手法は見たことがありません。

この手法の最大のメリットは、ほぼリスクゼロの安全性がありながら、投資経験やスキルを必要としないことです。一度FX会社に口座を開設して、仕掛けを設定するだけで誰もが同じ投資結果を出すことができます。

特に投資初心者や未経験者、時間のない方にお勧めの投資方法になります。期間限定タイアップになりますので、興味のある方は早めに取り寄せて下さい。

何をやってもFXで勝てなかった人に最後に見てほしい! アルティメットFX手法です!



桃太郎のバイナリーオプションの指標スキャル教材を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

トレイダーズ証券


指標スキャル手法とは、レートが動きやすい経済指標発表時にあえて狙い撃ちをしてエントリーする方法です。
一時期、FXでも指標スキャルが流行りましたが、現在のFXの指標スキャルは約定しにくかったり、スベったり、スプレッドが開いたりして、稼ぐのが難しくなりました。

しかしバイナリーオプションは約定拒否やスベリやスプレッドの開きなどはありませんし、エントリー後に逆行して含み損を抱えることもありませんので、実は経済指標発表時のトレードは狙い目なのです。

限られた指標でしかトレードしないので1ヵ月のエントリー回数は少ないですが、(10回前後)それでも高勝率を叩き出しているBO指標スキャル手法です。

興味のある方は対策をされる前に早めにお申し込み下さい。
何事もそうですが、初期段階が一番稼ぎやすくなります。



桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

マネースクウェア・ジャパン

⇒『桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法』プレゼント対象の口座開設ページはコチラ


激動の時代でも勝てる→安全第一で最強の勝ち方とは・・・

桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法は、2013年からの激動の時代に役立つ最適な投資手法になります。

2013年からの激動の時代は、いつ何が起きても不思議ではありません。

近隣諸国との緊張感が高まることもありますし、尖閣諸島の国有化に反対して、中国共産党が指導して暴動を起こさせたように、習近平体制になってからも同じようなことが今後いつ起きても不思議ではありません。

為替レートはテクニカル要因だけで動くのではなく、政治的リスク・カントリーリスクによっても大きく動きます。日米関係が揺らいでいる現在、ロシア・北朝鮮・韓国・中国からの外圧に対して日本は益々厳しい状況に追い込まれています。

このような激動の時代には、無理に攻めに行く投資ではなく、まずは自分の資産を確実に守りながら安全第一の投資をして、一気にお金を増やすことよりも、着実にお金を増やしていく投資方法が求められます。


【桃太郎の安全第一の最強トラリピ手法は以下の方に最適です】。
・会社員をしながら副業に時間をとられずに資産を増やして、今の生活を少しでも楽にしたい方。
・諸事情により外で働くことが難しく、在宅でお金を稼ぎたい方。
・あまり難しい知識を必要とせずに、精神的な負担を減らした投資方法でお金を稼ぎたい方。
・政治的リスクやカントリーリスクに左右されずに資産を増やしたい方。
・複利運用で夢の1億円を稼ぎたい方。


最強トラリピ手法は正にこれからの激動の時代に役立つ最適な投資手法になりますが、期間限定タイアップになりますので、上記の項目に当て嵌っている方は早めに取り寄せて下さい。



【現在の相場観】

衆議院選挙後も全体的に円売りの流れですが、やや急ぎ過ぎのようなイメージです。ドル円は84円~85円までは上昇するかもしれませんが、そろそろ上昇の勢いも弱くなりそうです。

安倍政権はアメリカとユーロの国策である自国通貨安政策に対してはどうでしょうか。

日本も自国通貨安に持っていくことはできるでしょうか?また騙し上げの可能性もあります。


今日は久々に月足から見たリーマンショック後の流れを書きたいと思います。(月足から見ると、どの通貨も大きなレンジの中にあり、そのレンジをブレイクするにはファンダメンタルズ・政治的要因・経済的要因が必要です)

私のように本業を持っているトレーダーは日中為替のことばかりを考えているわけにはいきませんので、サラリーマンでも勝ちやすいFXスタイルを選択することが投資成績を大きく左右します。

このあたりはブログだけでなく、取材された時の雑誌にもしつこい位に毎回書いてきました。

BOは日ごろからもブログとメルマガで書いている通り、サラリーマンには間違いなく合っている投資です。しかし正直なところ、FXは全てのトレードスタイルが合っているとは言えません。

実は負けるトレーダーの多くはデイトレードやスキャルピングをしています。トレードというのはトレード回数が多ければ多いほど負けやすくなります。

特にサラリーマンは専業と違って多くの時間をトレードに割けないので、限られた時間の中でデイトレードやスキャルピングで勝ち続けるのは至難の技です。

『為替の動きが全くわからない』 『いつも思った方向と逆に動いてしまう』という方は、月足から見たリーマンションショック後の流れを書きますので参考にしていただければ幸いです。

この週足と月足の流れから、現在のレートが今どこの位置にあり、どこへ向かおうとしているのかがわかれば、1日に何度もレートチェックをしたり、チャートを見る必要は全くありません。

週足と月足を使ったチャートの見方・エントリーの仕方・決済の仕方はアイネットFXさんとタイアップしたレポートに書いてありますので興味のある方は取り寄せて下さい。


当手法のFXオリジナルレポートを差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

アイネットFX


ドル円は05/19(土) の記事で書いたように、80円を割ると79円前半~中盤がサポートとなり、その水準を下抜けると78円前半がサポートになります。ドル円は78円~80円のレンジを上にブレイクして現在は84円前半です。下記の月足を見ると、2008年9月のリーマンショック前の水準には程遠いですが、現在は3回目の83円中盤~後半ブレイクに挑戦していることがわかります。2010年の8月頃から既に2年以上このレンジの中で推移しています。この水準を超えると90円近辺、更に超えると95円近辺が節目になっています。
Baidu IME_2012-12-20_9-44-12


ユーロドルは1.32前半です。1.22後半~1.23前半では何度もサポートされています。下記の月足を見ると、2008年9月のリーマンショック前の水準には2009年11月と2011年4月に跳ね返されているのがわかります。それ以降は1.50~1.23の間を行ったり来たりしています。更に細かく見ると、そのレンジの中では1.27、1.35、1.40が節目になっています。非常にわかりやすい動きです。
Baidu IME_2012-12-20_9-25-55


豪ドルドルは1.04後半です。直近では1.05中盤がレジスタンスになり、この水準を上にブレイクした場合には1.07中盤は強めのレジスタンスになり、下落した場合には1.00がサポートになります。下記の月足を見ると、2008年9月のリーマンショック前の水準には2010年8月に戻っており、0.96~0.97近辺がサポートになっています。上は1.10近辺がレジスタンスになり、ここ数年はこの間を行ったり来たりしています。更に細かく見ると、そのレンジの中では1.07中盤、1.05中盤が節目になっています。非常にわかりやすい動きです。
Baidu IME_2012-12-20_9-12-43


豪ドル円は88円前半です。限定にUPしている通り、82円中盤のレジスタンスをブレイクしましたので、次のレジスタンスである85円中盤に到達しました。85円中盤をブレイクしたので89円中盤~後半が強めのレジスタンスになります。下記の月足を見ると、2008年9月のリーマンショックで90円を割れてから、2010年6月、2011年4月、2012年3月には跳ね返されて、今回は4度目の90円超えのチャレンジになります。上は90円近辺がレジスタンスになり、下は74円近辺がサポートとなり、ここ数年はこの間を行ったり来たりしています。更に細かく見ると、そのレンジの中では78円、82円中盤、85円中盤が節目になっています。非常にわかりやすい動きです。
Baidu IME_2012-12-20_9-2-3



引き続き、売り戦略で臨みます。

エントリーと決済の指値は限定にUPしている通りです。


トレードのお役に立ちましたら、応援クリックを宜しくお願いします。



にほんブログ村 為替ブログへ

2012/12/20(木) | FXトレード記録 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://threeofhearts.blog129.fc2.com/tb.php/739-cf7933d8
 |  HOME  |