FC2ブログ


スポンサーリンク

レンジ相場

当手法のFXオリジナルレポートを差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

アイネットFX


ブログで公開している桃太郎のスイング手法になります。

エントリーと決済の指値は限定にUPしている通りです。



桃太郎のバイナリーオプションの指標スキャル教材を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

トレイダーズ証券


指標スキャル手法とは、レートが動きやすい経済指標発表時にあえて狙い撃ちをしてエントリーする方法です。
一時期、FXでも指標スキャルが流行りましたが、現在のFXの指標スキャルは約定しにくかったり、スベったり、スプレッドが開いたりして、稼ぐのが難しくなりました。

しかしバイナリーオプションは約定拒否やスベリやスプレッドの開きなどはありませんし、エントリー後に逆行して含み損を抱えることもありませんので、実は経済指標発表時のトレードは狙い目なのです。

限られた指標でしかトレードしないので1ヵ月のエントリー回数は少ないですが、(10回前後)それでも高勝率を叩き出しているBO指標スキャル手法です。

興味のある方は対策をされる前に早めにお申し込み下さい。
何事もそうですが、初期段階が一番稼ぎやすくなります。



桃太郎の【投資メンタルを徹底強化する】魂の教材を差し上げています。
詳しくはコチラをご覧下さい。

トレイダーズ証券(みんなのFX)


手法+メンタル+資金管理+口座選び=投資の勝者ですが、この教材ではメンタルに的を絞って、日常生活を少し変えるだけで投資メンタルを鍛えることができる方法を紹介しています。魂の教材というタイトルになっていますが、誰でも実践できるシンプルな方法なのでご安心下さい。

相場で勝つためには経験やトレード技術も大切ですが、メンタル管理(相場の世界の考え方や習慣を身につけること)が一番重要です。



【現在の相場観】

ドル円は78円を割れましたが、再び78円に戻しています。78円~80円のレンジに戻りました。豪ドル円は79円中盤~後半でサポートされて82円まで反発しました。

週足と月足で見ると、ドル円は78円~80円。豪ドル円は79円中盤~82円中盤の間で動いています。この動きがわかるとエントリーと決済のタイミングもわかりやすくなります。

しかし主役はユーロです。ユーロは「ネタを小出しにするのか? それとも騙し上げをさせた後からネタを出すのか」はわかりませんが、引き続き、ユーロが主役となりそうです。一度躓くと烏合の衆は脆くなりますので、ユーロ問題はまだまだネタが尽きそうにありません。

もし今のユーロ下落相場で負けている人は、騙されている人なのでトレード思考を変えたほうが良いと思います。

ギリシャ・スペイン以外にもポルトガル。最近忘れられているイタリアなど。数ヶ月に一度はきちんとネタを提供してくれますので、大きな流れに逆らわなければ、ネタが出る度に勝てるチャンスは高くなります。


ドル円は05/19(土) の記事で書いたように、80円を割ると79円前半~中盤がサポートとなり、その水準を下抜けると78円前半がサポートになります。現在は79円です。
Baidu IME_2012-10-18_7-46-21


ユーロドルは1.31前半です。月足で見ると、1.22後半~1.23前半では過去何度もサポートされています。ドルストレートは素直な動き方をするので、戻り売りが有効です。
Baidu IME_2012-10-18_7-46-50


豪ドルドルは1.03後半です。上昇した場合にはひとまず1.05中盤、更に上昇した場合には1.07中盤は強めのレジスタンスになりやすいと見ています。下落した場合には1.00がサポートになりやすいと見ています。
Baidu IME_2012-10-18_7-47-7


豪ドル円は82円前半です。上昇した場合には82円中盤がレジスタンスになります。その水準を上抜けると85円中盤がレジスタンスになりやすいと見ています。下値サポートは79円中盤~後半です。その水準を下抜けると78円がサポートになると見ています。
Baidu IME_2012-10-18_7-47-26


引き続き、売り戦略で臨みます。

エントリーと決済の指値は限定にUPしている通りです。


トレードのお役に立ちましたら、応援クリックを宜しくお願いします。



にほんブログ村 為替ブログへ

2012/10/18(木) | FXトレード記録 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://threeofhearts.blog129.fc2.com/tb.php/675-83c4941b
 |  HOME  |