FC2ブログ


スポンサーリンク

サポートからの反発3

当手法のFXオリジナルレポートを差し上げています。詳しくはコチラをご覧下さい。

アイネットFX



今週はギャップアップから始りました。ギリシャとスペイン問題から、引き続きユーロが主役となりそうです。一度躓くと烏合の衆は脆くなりますので、ユーロ問題はまだまだネタが尽きそうにありません。

もし今のユーロ下落相場で負けている人は、騙されている人なのでトレード思考を変えたほうが良いと思います。

ギリシャ・スペイン以外にもポルトガル。最近忘れられているイタリアなど。数ヶ月に一度はきちんとネタを提供してくれますので、大きな流れに逆らわなければ、ネタが出る度に勝てるチャンスは高くなります。


ドル円は05/19(土) の記事で書いたように、80円を割れると79円前半~中盤がサポートとなり、その水準を下抜けると78円前半がサポートになり、78円から反発して、再び79円前半~中盤まで戻しています。現在は次の材料待ちの状態です。
Baidu IME_2012-6-13_7-29-47


ユーロドルは1.26の中盤~後半の下落ターゲットに到達し、更に下落しています。この水準を下に抜けると1.22前半~中盤がサポートになります。ユーロドルはレンジが続いていましたので、どちらかに大きく動くことはブログでも記事にしてきました。一度、1.22台後半まで下落しましたが、現在は1.25台まで反発していますが、まだ下落余地があります。ドルストレートは素直な動き方をするので、戻り売りが有効です。
Baidu IME_2012-6-13_7-30-6


豪ドルドルはこちらも再三記事にしてきた通り、1.00台の下落ターゲットに到達しました。04/07(土)の記事で書いたように、過去1.07台で何度も跳ね返された後は1.00を割れています。今回も予想通り、1.07台で何度も跳ね返された後からの下落となり、0.97中盤~後半の下落ターゲットに到達しました。一度は0.95台まで下落しましたがサポートされて反発して、現在は0.99中盤で推移しています。引き続き、0.96中盤~後半は強めのサポートになるとの認識です。
Baidu IME_2012-6-13_7-30-21


豪ドル円は80円を割れて、再三記事にしてきた通り、79円中盤~後半の下落ターゲットに到達しました。04/07(土)の記事で書いたように、この水準は今年豪ドル円がイケイケに上昇する前の水準です。80円前後は節目となり、個人投資家が値頃感で買いそうな水準でした。この水準を下に抜けると78円、74円がサポートになります。一度は74円台まで下落しましたがサポートされて、79円後半まで反発しました。現在は79円前半ですが、引き続き、74円は強めのサポートになるとの認識です。
Baidu IME_2012-6-13_7-30-37


豪ドル円はスワップ金利も高く、日本人に人気の通貨です。確かにリバウンドが期待できて上昇も凄いのですが、実は本当に凄いのは下落した時の勢いで、リーマンショック時に100円以上あったレートから55円まで下落したのを見ればわかります。

また非常に騙し情報の多い通貨でもあります。自分はトレードしていないエコノミストなどに豪ドル信仰者が多く、金利の高さと資源国通貨の特徴を生かしてロングを勧めてきますが、ユーロ経済がダメになっている数年前から豪ドルだけが買われ続けることを国策として認めていないので、個人投資家は騙された価格でロングしてしまう危険性があります。

レバレッジ1であれば問題ありませんが、取り扱いを間違えると、まっ先に足元をすくわれる難しい通貨でもあります。


一度下げに転じた時の豪ドルの速度は期待大なので、久々にガッツリ下げるところも見てみたい気がします。

年に数回ある豪ドルの暴落の始まりが今なのかはわかりませんが、75円以下のレートでは少しずつ買っていきたいと思います。

エントリーと決済の指値は限定にUPしている通りです。



時間のない方や裁量トレードに自信がない方は、一度インヴァスト証券のシストレ24も参考にしてみて下さい。シストレ24はインヴァスト証券が2011年の11月に開始した新サービスです。世界中の優秀な売買プログラムと月別の収益ランキングの中から自分で好きなプログラムを選んで、無料で自動売買することができるシステムです。当然、自動売買なのでPCの電源を切っても稼働し続けますので、自分の代わりにプロに運用を任せる感覚です。詳しくはコチラをご覧下さい。

インヴァスト証券


トレードのお役に立ちましたら、応援クリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ

2012/06/13(水) | FXトレード記録 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://threeofhearts.blog129.fc2.com/tb.php/520-2e79dc7f
 |  HOME  |